任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

Q&A

前のページへ戻る

任意売却についてよく寄せられる質問やお問い合わせをまとめました。
是非参考にご覧ください。

Q1.住宅ローンが払えなくなりました。滞納が続くとどうなるでしょうか
滞納が始まってからおよそ3〜6ヶ月程度で、強制的に物件を競売にかける、任意売却を進めるなど、売却手続きが始まってしまいます。
競売にかけられると、強制的に手続きが進められ、周辺住民にもその事実が知られるようになってしまいます。
そうなる前に、任意売却という形で、自宅を売る手続きを進めてよいか銀行と合意の下、進める事が出来ます。
早めの対応をする事で、引越し費用など物件代金と調整の上、工面してくれたりしますので、払えなくなったらすぐに、銀行や懇意にしている不動産屋に相談する事が大切です。
Q2.任意売却を行うと、ブラックリストにのったりするのでしょうか
自己破産と違い、あくまでも合意の下物件を売却し、その代金を返済に当てる合意をするだけですので、自宅を手放した後に何か制限がかかる事はありません。とはいえ融資していた銀行との関係性は厳しいものになりますので、滞納が発生する前にはやめに対応する必要があります。
Q3.任意売却を行えばローンが無くなるのでしょうか
あくまでも、競売にかける事無くスムーズに解決へ向かう方法であり、ローン返済の免除を行うわけではありません。
物件の中古販売価格よりも返済額が多い事が多く、任意売却後もローンが残るのが一般的です。銀行等の債権者と相談の上、返済額を決めて行きます。
任意売却は穏便に解決策を模索するための手法であり、任意売却を行えば全て安心というわけではありませんので、自宅を手放す事になった後の住まいや仕事、収入を把握して、しっかり無理のない計画を建てて行く必要があります。
Q4.任意売却は近隣の住民に知られてしまうのでしょうか
競売と違い、債権者と話し合った上で物件を売却するだけですので、近隣の方には物件を普通に売って引っ越す、という形で行う事が出来ます。
ただし競売にかかってしまうと裁判所からの通達や調査員による調査などで、周辺の方に知られるようになることが多いですので、ローンが払えなくなる事が分かったらすぐにしかるべき所に相談をして下さい。
Q5.リースバックとはなんでしょうか
ローンの支払いが厳しくなった時にお勧めなのが、リースバックという手法です。
ローンが支払えなくなった場合というのは、収入が減っていたり突発的な出費が出てしまったりと、引っ越す余裕もない事がほとんどです。
任意売却になった場合、銀行が引っ越し費用などを別途出してくれる事もありますが、引っ越しはかなりのお金がかかるものです。お仕事やお子さんの都合で引っ越す事が難しい事も多いですし、近隣の賃貸住宅に引っ越した場合、ローンが支払えなくなったと近隣住民にも知られてしまう事が多いです。

そこで、リースバックという手法を使います。物件を売却するものの、引き続きその物件に賃貸という形で住み続け、家賃の形でローンの残額を支払う事が出来ます。
引っ越しを伴いませんので余計な出費は出ませんし、思い出のある家に住み続ける事が出来ます。

ローンの支払いが厳しくなったら、支払いが滞る前に、リースバックが出来ないか早めに相談してみて下さい。

Q6.連帯保証人に知られたくないのですがどうすればよいでしょうか
基本的に、任意売却になれば必ず連帯保証人にも分かるようになります。あなたが支払いに悩むのと同等に、連帯保証人にも同じだけのリスクを背負わせる事になります。だからこそ、ローンの支払いが難しくなってきた段階で、とにかく早く連帯保証人にも相談するようにして下さい。
誰しも収入は変動しますし、不測の事態は発生します。決して恥ずかしい事ではないので早めに相談して、任意売却を考えたり、リースバックを考えたりしてみて下さい。対処が早ければ早いほど良い結果を生みますので、早めに相談するようにして下さい。

Q7.競売よりも任意売却の方、物件が高く売れるのですか
一般的にはその通りです。競売になれば手続きが進む間も滞納額が増えていきますし、次の購入者もリスクを負うため、物件価格はかなり安くなっていきます。普通に中古で販売する時とくらべて、7割〜8割程度で売却される事が多いですが、状況によってはもっと安くなってしまいます。
任意売却の場合であっても、通常の中古売却よりも安めになる事が普通です。
高く売るには、とにかく早く対処する事が必要です。
Q8.不安で何も手に付かないのですが
ローンが滞納になっているという事は、普段の生活も切迫している状況なはずです。そのような時にご自身で悩んでも良い結果は生みませんので、早めにプロに相談して任せる事が大切です。業者は同じようなケースを沢山経験していますし、良い解決策を模索してもらえます。
余裕があれば1社だけでなく2〜3社に相談してみましょう。

Q9.管理費や修繕費、固定資産税も滞納しているのですが
諸費用などを滞納していると手続きは手間が増えてしまいます。ローン返済額よりも管理費・修繕費の方が安い事が多いですので、両方支払えなくなる前に相談する事が必要です。出来れば管理費や修繕費、固定資産税は払える状況で相談するようにしましょう。
Q10.不動産屋に払う手数料などの余裕がないのですが
任意売却の場合、不動産屋などの手数料も物件売却代金から差し引かれますので、別途お金を用意する必要はありません。業者は成功報酬で業務を行いますので、安心して相談して下さい。