任意売却とは

前のページへ戻る

任意売却はお互い納得して売却を成立させる手続き

任意売却とは、一軒家などの不動産を購入した時には、ローンでお金を借りて購入する方が多いですが、ローンが支払えないなどの返済が困難になった場合に、融資を受けた金融業者との合意の上で家を売却する手続きのことを言います。

返済が困難になった場合には、差押えなどの手段を取ることもできますが、不動産を競売にかけた場合、いくらで落札されるかがわからないのと、市場価格よりも低い価格で取引されることが多いです。

そこで債務者と融資した金融業者の間に仲介業者が入り、お互い納得して売却を成立させることで、任意売却となります。

債権者にも融資したお金が多く返ってくるという利点があるため、ローンの返済が困難になった方に進められることが多いです。

任意売却をすると借りていたお金をすべて返すことができると考えている方も多いですが、借金が残ることがほとんどになるので、債権者との話し合いによって今後の支払う額が決まります。

任意売却の相談をしたほうが良い場合とは

任意売却の相談をしたほうが良い方としては、今後のローンの返済の目途が立っていない、ボーナス払いが困難、勤めている会社が不景気で返済が難しい、差押えの通知が届いている、などがあてはまる方となります。

任意売却を行うと市場価格よりも高く売ることができるので、債務者の方にもメリットがあります。売却をしたほうがよい方にあてはまるという方は、検討してみると良いでしょう。

他にも、ご近所に知られないように配慮が行われるため、プライバシーが守られることになります。売却を行う費用も物件を売却した費用から支払われるため、費用を負担する心配はありません。

普通に売却を行ってしまうと、裁判所の執行官が自宅調査をしたり、不動産業者も来る可能性もあるため、近所に知られる可能性が高くなってしまいます。また、不動産が落札されるまで支払ができない場合、遅延損害金がかかってくるため、借金が増えていく怖れもあります。

任意売却は必ずできるとは限らない点に注意

任意売却のデメリットとしては、必ずできるとは限らないということです。債権者の同意が必要なためと、保証人がいる場合は保証人の同意も必要となっていきます。

どちらの同意も必要となり、同意が得られない場合は任意の売却をすることができません。売却を依頼する業者も、中には経験が浅い業者も存在するため、段取りや交渉する能力が不足している可能性もあります。

売却は時間に限りがあるため、信頼できて処理能力がある業者に依頼するようにしましょう。