任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

【じぶん銀行の住宅ローン】新サービス「借換えメリット無料診断」を開始!

前のページへ戻る

住宅ローンのお借換えメリットがあるかどうかを、じぶん銀行が無料でお調べし、書面にて回答するサービスです。

株式会社じぶん銀行(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:柏木英一、 以下「じぶん銀行」)は、 2018年10月31日(水)より、 「借換えメリット無料診断」サービスを開始いたしました。

 

https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/shindan/?code=HLJZ3000008F

■借換えをすると、 こんなメリットがあります!

例えば、 返済期間20年・残高2,000万円で金利差が1%ある場合

※記載例は元利均等返済・6ヶ月ごとの増額返済利用なし、 借入利率が期間中に変動しない場合。
※所有権保存・所有権移転・既存担保権抹消などの登記費用、 火災保険の保険料などの諸費用は含まれておりません。
※上記はじぶん銀行ウェブサイトの住宅ローンシミュレーターを用いて算出した単純比較であり、 実際の借換え事例を示すものではなく、 また、 実際の事例と若干計算結果が異なる場合があります。

■借換えメリット結果

じぶん銀行が、 お客さまのお借換えメリットをシミュレーションした結果、 借換えメリットがあるとされたお客さまは、 半数*1を超える結果となりました。

実際に借換えをしてメリットが出たお客さまは、 生活費や貯蓄に充てるなど、 いろいろな使い方をされています。 *2

*2株式会社じぶん銀行実施 じぶん銀行の住宅ローンアンケートより。
(対象者:じぶん銀行口座保有者、 集計期間:2017年7月1日(土)~7月17日(月)全回答1,117件)

「借換えメリット無料診断」では、 お客さまが現在借りている返済予定表を元に、 借換えメリットがあるかどうか、 事務手数料、 登記関連費用(概算)も含めて 無料でお調べいたします。 借換えに興味がある、 または家計の見直しを考えているお客さまは、 是非この機会に、 「借換えメリット無料診断」をご活用ください。

■借換えメリット無料診断の依頼方法

1.「現在ご利用中の住宅ローン返済予定表」をご準備
 以下の内容が記載されているかご確認ください。 記載がない場合は手書きでも構いません!
 ・現在残高および直近6ヶ月分のご返済予定が記載されたページ
 ・金融機関名
 ・当初借入日
 ・借入金額
 ・期間
 ・金利

2.「借換えメリット無料診断依頼票」の記入
借換えメリット無料診断ページより、 「借換えメリット無料診断依頼票」をダウンロード(PDF)いただき、 必要事項をご記入ください。

3.住宅ローンマイページよりアップロード

<住宅ローンマイページをご登録いただいている方>

マイページにログイン後、 上記2点をアップロードください。
詳しいアップロード方法は「借換えメリット無料診断」ページをご覧ください。

<住宅ローンマイページをお持ちでない方>

以下より、 住宅ローンのマイページをご登録ください。
URL: https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/register/?code=HLJZ3000008F

▼じぶん銀行の住宅ローンについて、 詳しくはこちら
URL: https://www.jibunbank.co.jp/pc/landing/homeloan/loan1/?code=HLJZ3000008F
 

▼借換えメリット無料診断ページはこちら
URL: https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/shindan/?code=HLJZ3000008F

じぶん銀行は、 今後ともお客さまの多様なニーズへの対応および利便性向上のため、 より一層商品やサービスの 拡充に努めてまいります。 今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

≪じぶん銀行の住宅ローンについて≫

▼じぶん銀行の住宅ローンHPはこちら
URL: https://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/?code=HLJZ3000008F

 ≪じぶん銀行について≫

2008年に、 KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資により設立されたネット専業銀行です。 「手のひらにある銀行」として、 口座・金融商品・決済などに関して、 スマホユーザー視点でサービス展開をしております。 キャッシュカードなしで入出金が可能なスマホATM、 AI外貨自動積立サービス、 GoogleアシスタントやAmazon Alexaへの対応など、 ユーザーエクスペリエンスを豊かにするために様々な取り組みを行っております。