任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

【株式会社MFS】 個人の信用スコア分析ノウハウと不動産情報を連携させた住宅ローンプラットフォーム構想「モゲチェックPLUS」を開発・展開!

前のページへ戻る

フィンテックを活用した住宅ローンコンサルティングサービスを提供する株式会社MFS(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)は、本日住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」(https://www.mogecheck.jp/)をリニューアルし、個人の信用スコアを分析して全国140金融機関の融資確率を推定する機能を追加しました。
また、不動産会社と提携し、融資確率の推定機能を実装したモゲチェックと不動産情報を連携させることでオンライン上で最適な住宅ローンが選べる住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」(モゲチェックプラス)を開発予定です。そのプラットフォーム開発のための戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産株式会社(本社:埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二、以下「ケイアイスター不動産」)と業務提携しました。本提携により、ケイアイスター不動産の物件購入ユーザーに対してモゲチェックPLUSのサービスを2018年7月から開始する予定です。
  • 融資確率の推定機能について

金融機関に申し込む前に住宅ローン借り入れの一般的な条件が想定できる、ユーザーの信用力を客観的に測る基準(信用スコア)「モゲスコア」を2017年1月に開発しました。このたび、この機能を更に進化させて全国140金融機関の融資確率を個別に推定できる機能をモゲチェックに本日追加しました。これにより、ユーザーは審査に通る可能性が高い金融機関から借入条件がよいローンを選ぶことが可能となります。

  • 住宅ローンプラットフォーム「モゲチェックPLUS」について

近年、金利競争によって住宅ローンの収益性が低下し、住宅ローン販売から撤退する大手金融機関も出てくるなど、住宅ローン販売の効率化が金融機関の経営課題となっています。また、住宅購入予定者の中には、ネットで住宅ローンが簡単に比較できるため、不動産会社が斡旋するローンではなく幅広く住宅ローンを比較した上でベストなものを選びたいと考える方も増えつつあります。
こうした環境変化の中、MFSはオンライン上で住宅ローンの選択、申し込み及び融資後のアフターサポートが受けられるプラットフォーム「モゲチェックPLUS」を開発することにしました。このモゲチェックPLUSでは、ユーザー情報に加えて不動産会社が保有する物件情報をデータ連携させることを予定しており、住宅ローン申し込みのオンライン完結を目指します。そして、ユーザー・金融機関・不動産会社の3者がwin-winの関係となるよう、今までにない下記メリットを提供することを目指します。

【ユーザー】
・推定された個別金融機関の融資確率を元に全国の金融機関の中から最適な住宅ローンを選べる
・ ローン申し込み及び契約はオンラインで完結し、来店不要で手続きが完了する
・融資後のアフターサポート(最適な借り換え先の案内など)が受けられる
【金融機関】
・ 住宅ローンの集客及び販売をMFSにアウトソースでき、住宅ローン販売コストを削減できる
【不動産会社】
・住宅ローンの提案や申し込み手続きをMFSにアウトソースでき、住宅ローン事務から解放される

また、プラットフォーム構想の戦略的パートナーとして、本日ケイアイスター不動産と業務提携しました。そして、ケイアイスター不動産の物件購入ユーザーに対してモゲチェックPLUSのサービスを2018年7月から開始する予定です。この提携を契機に、フィンテックを活用した不動産販売時の住宅ローンファイナンス効率化を推進していきます。

株式会社MFS
代表者:代表取締役CEO 中山田 明
所在地:東京都新宿区西新宿1-3-15 栃木ビル5階
事業:住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」、住宅ローンコンサルティング店舗「モゲチェック・プラザ」の運営
ウェブサイト:http://www.mortgagefss.jp/

ケイアイスター不動産株式会社
代表者:代表取締役 塙 圭二
所在地:埼玉県本庄市西富田762-1
事業:戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業、アセット事業、管理事業、宅地造成
ウェブサイト:http://ki-group.co.jp/