売却:30万円定額制、購入:ギャラ交渉制「プロ専門不動産仲介」マスターズ・コンサルティング

前のページへ戻る

1人社長の会社が、 サービス開始から4ヵ月で売買仲介取扱高2億1,250万円を達成。 他社に依頼した場合と比べ、 仲介手数料が約280万円安くなった事例有り。 株式会社マスターズ・コンサルティング(東京都港区、 代表取締役:広瀬武)が提供する、 「プロ専門不動産仲介」サービスの実績を紹介します。
【URL】 http://www.masters-c.jp

【活動実績】
サービス開始時に実施したプレスリリースが多数のメディアで掲載いただいた影響が大きく、 既存顧客及びインターネットからの問合せが増加。 サービス開始から4ヵ月で成約件数4件、 売買仲介取扱高2億1,250万円を達成。

【成約事例紹介(一部)】
・収益不動産(1棟アパート)の購入相談
・購入検討物件は顧客が選定済み
・物件価格:約1億円
・当社が行った業務:売側仲介業者との交渉、 不動産調査、 契約書類チェック、 金融機関紹介等
・他社に依頼した場合の正規仲介手数料:約320万円
・顧客と打合せを行った結果、 当社が提示した仲介手数料:39万円
・差額の約280万円を購入時頭金に回すことで借入額が減少し、 購入後のキャッシュフロー向上に寄与

【当社の特徴】
「宅建免許を保有しているが、 不動産業を本格的に取り組んでいない法人」を、 後継者を探していたオーナーから事業承継することにより、 宅建免許申請時にかかる初期費用を削減。
その為、 「売買代金×3%+6万円(税別)」という分かりづらい正規手数料算出式を見直し、 あくまで「サービス提供の為にかかるコスト」と「事業存続の為に必要な最低限の利益」から1件あたりの報酬額を算出しています。

【この料金体系にしたきっかけ】
六本木や銀座等、 都内にあるクラブ(踊る方の)の料金体系を参考にしました。 女性は入場料金を低額もしくは無料、 一方で男性は女性に比べ入場料金が高額に設定されているのをヒントに、 女性と男性を不動産売却と不動産購入に置き換え、 需要と供給のバランスを考慮した仲介手数料を顧客に提示できる料金体系にしました。

【今後の展望】
収益不動産の取引を行う中で、 アパートやマンションの清掃業務に関するオーナーの悩みや不満が多いことに気づいた為、 自身のアパート運営で培ったノウハウを生かし、 今後は下記のような収益不動産の清掃業務も受注する予定です。
・週1回の清掃業務
・ゴミ分別や無断民泊使用の疑い等、 運営上の問題点の報告
・空室に対する解決策の提案
・今後のキャッシュフローを見据えた上での修繕の提案
・上記清掃業務及びアドバイス業務含め月額料金1万円(税抜)

※清掃業務は主に外部委託で済ませてしまう為、 プレーヤーである不動産業者が清掃業務を直接行うことは殆どありません。 しかしながら、 清掃業務を直接行うことで賃貸運営の為の貴重な情報をオーナーに提供出来るのではないか、 と考えました。

【会社概要】
会社名:株式会社マスターズ・コンサルティング
所在地(港区分室):東京都港区赤坂9-6-28 アルベルゴ乃木坂711号室
所在地(本社):東京都八王子市大和田町2-13-2
代表者:広瀬 武
設立:昭和63年9月
URL: http://www.masters-c.jp
事業内容:不動産売買仲介及び不動産コンサルティング
【お客様からのお問い合わせ先】
《港区分室(東京ミッドタウンすぐ近く)》
TEL:03-6804-2872
e-mail:hirose@masters-c.jp

 

 

編集部 担当デスク B