任意売却時の不動産の価格は一般的な売買よりもやや下がります

前のページへ戻る

任意売却される家

住宅ローン返済が困難になったら

一戸建てでもマンションでも、住宅を購入する場合には、購入する住宅を担保にして住宅ローンを利用することがほとんどです。

毎月ローンを地道に返済できている間は良いですが、返済が困難となり、滞納が続いてしまうと、融資を行っている金融機関はその住宅を差し押さえて、競売などで融資額を回収しようとします。

競売になると、自分で売却するよりもかなり安い値段で売却され、ほぼ強引に住宅を明け渡すことになります。

もちろんこれに対して拒むこともできず、競売情報は公開されるため、親戚や近所の人たちにも、競売にかけられたという事実が知られてしまう可能性もおおいに考えられます。

任意売却をする事のメリットとは

そのため競売で住宅を処分されてしまう前に、金融機関の了解を得て、自らが不動産を売却することを任意売却といいます。

通常であれば抵当権を抹消するために、融資の残りの額を返済する必要があります。しかし売却価格がその額を下回る場合には、足りない金額に自己資金を充てるなどしなければなりません。

しかし任意売却の場合には足りなかった債務を残したままでも抵当権を解除することができるのです。そして競売に比べると、市場の価格に近い価格で売却することができ、引っ越し時期についても協議でき、情報も開示されないなど、競売に比べるとたくさんのメリットがあります。

任意売却の不動産価格が一般の相場より低い理由とは

それでは、その際の不動産の価格とはどのように決められるのでしょうか。

競売よりも高い値段で住宅を売却することができますが、一般的な住宅売買と同じような相場の価格で売却できるわけではありません。一般的な売買の相場よりはやや低い値段で売却になることが多く見られます。

任意売却は手続き上は一般的な住宅の売買と同じです。しかし所有者と買主の間で不動産売買の契約が交わされ、買主は購入するにあたり、住宅を内覧したり、細かい質問を所有者にすることも出来ます。

一般的な不動産の売買であれば、その値段では売りたくないと思う場合には断ることもでき、納得できるまで住宅を売却する必要はありません。

しかし任意売却の場合には期限が決められています。期限までに成立させなければ、競売にかけられて住宅が処分されてしまうので、競売よりも高い値段で売れるのであれば、相場よりも低い値段でも売却をせざるを得ないというケースがあるのです。

これも一般の不動産の売買の相場よりも、やや低い値段で売却されてしまう理由の一つです。

また、住宅に見つけることのできなかった欠陥が見つかったとしても、任意売却の場合には売り主が責任を負わないということを契約に盛り込むことがほとんどです。これも住宅の値段が低くなる原因の一つにもなっています。

編集部 担当デスク A