ローン滞納をしたら早めに任意売却を検討!不景気の影響で利用者数が増加

前のページへ戻る

任意売却される住宅

住宅ローンを払えない場合は早めに解決策を考えよう

住宅ローンを組んだ時には、将来世の中がどう変わっているのか、予想ができないものです。大企業の正社員の人は、銀行も積極的に融資をしてくれるので、高額ローンを組んでしまうことが多いです。

意外にも、大企業の正社員の人が住宅ローンで破綻してしまうケースが多いようです。将来の年収アップを予測して高額ローンを組んだのに、不景気の影響などで、思ったように給料が上がらなかったというケースなどです。

さまざまな事情で、住宅ローンを払えなくなってしまったら、早い段階で解決策を考えましょう。住宅ローン以外にも借金があって、その借金をなんとかすれば解決するなら、債務整理という選択肢もあります。

競売の手続きが始まる前に任意売却を

しかし、住宅ローンそのものの支払いが困難となっている場合には、住宅を売却してローンの完済を目指すことになるでしょう。

競売の手続きが始まってしまうと、ゆっくりと不動産を売却している余裕がなくなってしまいます。なるべく早い段階で、家を売るということを考えましょう。

不動産会社に査定をしてもらって、住宅を売ったお金でローンを完済できるということがわかれば、通常の方法で住宅を売却することができます。しかし、オーバーローンとなってしまっている場合には、そのままでは住宅が売却できません。

その場合には、任意売却という方法があるということを知っておくと、得をする可能性が高いです。ローン滞納をして、そのまま放置しておくと、自動的に競売の手続きになってしまいます。

ローン滞納をすると競売をして家を売るという方法しかないと誤解をしてしまっている人もいますが、任意売却という方法をとれば、はるかに家が高く売却できる可能性があるということは知っておきましょう。

任意売却のメリットとデメリットとは

任意売却をするとマイホームがほぼ相場通りの価格で売れるということが最大のメリットとなるでしょう。そのほか、周囲に知られずに売却ができることや、引越し費用などを残せる可能性があること、オーナーチェンジをすることでそのまま家に住み続けられる可能性があることなども任意売却のメリットです。また、数年後に買戻しをするという契約を結ぶこともできます。

任意売却をする時の注意点として、必ず成功するとは限らないということがあげられます。しっかりと信頼できる業者に依頼をすることが重要になるでしょう。また、時間的な制限があるほど、失敗する可能性は上がってしまいます。逆に、早く相談をするほど、できることも増えていきますので、早めに行動をするようにしましょう。

編集部 担当デスク B