任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却でも借金が残った場合の返済手段

前のページへ戻る

借金イメージ

返済ができなくなった時の事を考えておこう

マイホームの購入が人生最大の買い物であるという人も少なくないことでしょう。日々懸命に働いた給料で、自分の城を持つという感覚には大きなロマンが感じられます。

しかし、高額な買い物というのはそれなりのリスクを伴います。大半の人が住宅ローンを組むことでしょう。その返済期間は人生の多くの年数を費やしてのプランとなる場合も珍しくありません。

しかし、ローンの期間が長ければ長いほど、思わぬ事態に巻き込まれるリスクというのも高くなります。たとえば天災や病気などです。何らかの理由で購入したマイホームに住めなくなったとしても、住宅ローンが消えるわけではありません。

自分に過失がない場合でも、返済ができなくなってしまう可能性はいつでも残されているのです。そのときを迎えて右往左往するわけにはいきません。対応の遅れは家族を路頭に迷わせてしまうかもしれません。

そこで、任意売却の仕組みを知っておく必要があります。

任意売却とはどういったものか

本来、マイホームなどの不動産の売却はローンの返済が終わり、完全に所有者のものとなってからでなければ手続きを踏むことはできません。

しかし、任意売却は債権者である銀行と所有者の意志が合致し、銀行側の合意が得られれば返済途中の不動産を売却し、その分を割り当てることができます。

最安値で落札される競売とくらべて一般市場での取引になりますので、相場は平均的な価格に落ちつきます。多額の住宅ローンが、売却の値段によって大幅に額を抑えることができるというわけです。

債権者と所有者、双方にとってメリットのある仕組みでありますが、売却額が残りの返済額に達しない場合はその分の借金が残ることになります。

任意売却をしても借金が残った場合はどうするか

ただでさえお金を払う能力がなくなった状態で任意売却に踏み切ったわけですから残された借金の処理の問題は、大きな負担となるに違いありません。その先に対処法も事前に練っておく必要があります。

まず考えられるのが自己破産という手段です。合法的に借金を無しにしてくれますが、もちろん社会的地位としてのデメリットは多く、審査も厳しいので最後の手段として考えておく必要があります。

また、無いものは無いとそのままにしておく方法もありますが、かなりの覚悟が必要となるでしょう。給料やわずかに残された財産がいつ差し押さえられるやもしれない不安と戦う日々を送ることになります。

一番良いのは正直に現状を債権者と話し合い、双方合意の上で示談を試みることです。人生はいつからでもやり直せます。冷静な判断で適切な対策をとりましょう。