任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却における違法業者の実態

前のページへ戻る

悪徳業者イメージ

任意売却は住宅ローン返済ができない時の最後の手段

家の購入はほとんどの人にとって一生に一度の大きな買い物になります。

大抵は住宅ローンに寄ってマイホームを手に入れることでしょう。綿密な返済プランとライフバランスを考えて、適切な手続きを踏まなければなりません。

しかし、人の人生はいつ何時、何が起こるか分からないというのも事実です。突然会社が倒産したり、リストラに合う場合、また、自分の責任ではないところの自然災害や病気などに巻き込まれ、然るべき返済ができなくなってしまう可能性もあります。

そのような場合の最後の手段として任意売却という仕組みがあります。

任意売却の専門業者には悪徳業者も存在する

任意売却とは住宅ローンの返済ができなくなった場合に、債権者の合意によって所有者の意志による不動産売却ができるという方法です。

基本的に家の売却は返済が終了した段階でなければできませんが、この任意売却によって所有者を多額の借金から救うことができるというメリットがあります。手続き次第では手元に現金が残るという可能性もあります。

ただし、このような大きなお金が動く手続きには、必ず方の隙間を掻い潜るような違法な業者も存在していますので最大限、注意をしておかなければなりません。

任意売却では債権者である銀行との交渉が必要となります。銀行側は金融とそれに関する法律事のプロフェッショナルです。浅はかな知識で交渉にのぞむと大損をしてしまう可能性があります。

よって、多くの人が専門の業者に依頼することになります。業者の選定には最大限の注意を払いましょう。

難しい用語を並べ立てられ言われるがままに契約書にサインをしていくと、思わぬ形で不利益を被る可能性があります。

悪徳業者対策はどうすれば良いか

対策としてはそれぞれの機関を監視し、客観的に判断できる専門家をまず見つけておくと良いでしょう。

交渉事や契約には関係せずに、適切かどうかの判断のみの依頼をしておく必要があります。交渉事にまで関与してくると、その専門家もまた、自分に有利になるような条件を誘導尋問で提示してくるかもしれません。

住宅ローンが払えなくなっているという現状だけで、所有者が切羽詰まった状態であることが明確になります。冷静な判断がつかず、とにかく早く解決したいという意志を読み取った違法な業者は、早い解決を口実に法外な仲介手数料を徴収したり、売れない場合に自社で買い取るといっておきながら、結果的に競売へ流したりします。

どんなときでも冷静な判断を下せる自分と、的確なアドバイスができる人間を身近に置いておくことが重要です。