任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却のメリットとデメリットについて

前のページへ戻る

任意売却される家

任意売却は競売を回避する手段のひとつ

住宅ローンを組んで住宅を購入しても、住宅ローンを支払っている最中に、様々な事情で支払いが滞ってしまうことがあります。

返済が滞ってしまった場合、住宅ローンサービスを提供している銀行などから督促状が送られてきて、最悪の場合は競売にかけられて安値で処分されてしまうことがあります。

そんな事態を防ぐために取られている手段の1つが任意売却です。それは、専門の不動産コンサルタントに不動産の所有者は相談して、債権者である金融会社の間に入ってもらう方法です。

競売よりも高い値段で取引される事が多い任意売却

不動産コンサルタントが仲介することによって、住宅ローンが支払えなくなった住宅を競売ではなく、通常の不動産取引として扱います。

そのため、競売で落札される価格よりも、通常の不動産取引の価格で買い取ってもらうことができるので高い値段で取引をされることが多いというメリットがあります。

取引金額が高ければ高いほど、売却した金額を住宅ローンの残額にあてることができ、さらに住宅ローンの残額を全て支払ってもまだお金が手元に残る可能性がある場合もあります。

任意売却は安心して取引ができる

その他にも任意売却をすることによって、住宅ローンを組んだときに置いた連帯保証人に迷惑をかけずにすませることができます。

不動産コンサルタントが仲介をするため、通常の不動産売却と同じとしか周囲からはわからないので、住宅ローンが滞納していることが周囲にはバレないというメリットもあります。

専門知識を持った不動産コンサルタントが処理をしてくれるので、安心して取引ができますし、住宅ローンを提供している金融会社との関係も和やかに終わらせることが可能です。

任意売却のデメリットとは

ただ、任意売却にもデメリットはあり、信頼できる依頼先を探さなければなりませんし、依頼をした後仲介手数料として支払う必要があります。

報酬は住宅を売却した価格の一部から出さなければならないので、それだけ住宅ローンの残額支払いにあてるはずだったお金が少なくなってしまいます。

また、住宅ローンを提供している金融会社などの債権者の同意を受けなければ、任意売却を行うことができません。

中には同意できないという債権者もいるので、その場合は差し押さえという形になり、競売にかけられることになります。

また、ローンを滞納することによって任意の売却をすることに決めたとしても、滞納をした時点で連帯保証人にローン請求が送られる場合もあるので迷惑をかけてしまう場合があります。

そして任意売却ができた後は、信用情報にのってしまうので、その後一定の期間はローン審査が通らないことになります。