任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却の基礎知識と手続きの簡単な流れ

前のページへ戻る

売却する住宅

任意売却の流れを把握してスムーズな手続きを

所有する不動産を担保に、住宅ローンや融資などの契約を結んでいる際に、当該借金の返済が滞ってしまった場合、担保にしている不動産は金融機関により競りにかけられます。

一方、競りにかけられる前に、不動産の所有者自らが売却を行おうとする行為を、任意売却といいます。

競りではなくこれを行う理由としては、周囲に知られることなく手続きを行えることや、債務者自ら意思決定ができることなど、様々なメリットが存在するからです。

逆に、競りでは金融機関などがほとんどの手続きを実行してくれるのに対して、任意売却では債務者自らがほとんど全ての手続きを実行しなければならないため、大変な作業を強いられることになります。

任意売却をするには依頼先を決めよう

そこで、簡単な流れを把握しておくことにより、いざというときにスムーズな手続きを行えるようにしておくことが重要です。

住宅ローンや融資などの借金の返済が滞ってきた際には、競りにかけられるか任意売却するかを早めに判断します。

任意売却を選択したら、まずは依頼先を決めることになり、主に弁護士や司法書士、売却を仲介する不動産会社などが該当します。

債務者のみで手続きを実施することも可能ですが、非常に高度で複雑な法律の知識や、手続きの方法を把握していなければならず、たとえ慣れていても様々なトラブルに対処することは困難なので、基本的には外部に依頼することになります。

依頼先が決定したら不動産調査や査定を実施しよう

依頼先が決まったら、次に不動産の調査や査定を実施します。この際、できるだけ高く売却できるように、一社でも多くの業者から見積もりの査定を貰うことが大切です。

債務者の不安な心理を利用して足元を見る業者も存在するので、一括査定などを利用することによって、少しでも高く売却できるように努めましょう。

また、売却することを債権者に報告することも重要な手続きです。この報告は債権者が行うのではなく、基本的には依頼を受けた弁護士や不動産会社などが行うことが多いです。

売却手続きは慎重に進めよう

債権者から許可を受けたら、いよいよ本格的に売却の手続きに入っていきます。ここから先は、普通に家を売る手続きと類似していますが、当然任意売却は普通とは異なる方法なので、より慎重に手続きを進めていくことが重要です。

購入者が現れたら交渉に入り、話し合いがまとまったら売買契約を結びます。代金の決済まで無事に終わると、基本的な一連の手続きが終了します。

なお、売却後も借金が残っている場合には、分割して支払うことを話し合う手続きもあるので、その旨をしっかり伝えておきましょう。