任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却物件を投資で活用するには

前のページへ戻る

任意売却物件を購入

任意売却物件と一般的な不動産の違いとは

任意売却物件というのは、一般的な不動産とは異なり、ともかくも売主が住宅ローンの返済などに困窮していて、住宅ローンを貸し付けていた銀行などの金融機関との話し合いによって、やむにやまれず手放したという背景をもつものがほとんどであるといえます。

そのため、こうした任意売却物件を、たとえば貸家として利用して収益を上げるような投資目的で購入する場合には、あらかじめ注意をしておかなければなりません。

任意売却物件は購入後の費用が嵩む可能性も

一般的な不動産の売却物件であれば、少しでも売却価格を高くするために、売主のほうとしても、室内のハウスクリーニングをしたり、不具合がある場所のリフォームをしたりといった配慮をするものです。

ところが、任意売却物件の場合には、そもそも売主が経済的に困窮しているわけですので、こうした最低限のリフォームなども行われていないのがふつうです。

これに加えて、室内に残置物、たとえば家具や調度品、その他廃棄物のようなものまでがそのまま散乱しているといったこともめずらしくはなく、購入した後でその処理の費用がかさんでしまう可能性もあるのです。

また、不動産会社が売主であれば、中古物件であったとしても、瑕疵担保責任の考え方によって、引き渡しから一定の期間内であれば、不具合の修理や損害賠償に応じてもらえるものですが、任意売却物件の場合には、そもそも売主には修理や損害賠償に応じるだけの経済力が実際問題としてありませんので、瑕疵担保免責の条件になっていることがほとんどです。

この場合、不具合があれば購入した人が修理などの費用を負担しなければならないということになります。

個人で任意売却物件を購入する場合は慎重に判断しよう

実際に任意売却物件や競売物件などを投資目的で専門的に購入しているような不動産会社も全国的にみれば数多くあります。

そういった会社は、工務店などを系列会社、あるいは提携会社として抱えており、安い費用で容易にリフォームができるだけの態勢がととのっていたり、住宅の構造などについての知識と経験をそれなりにもっていて、どの程度のリフォームをすれば快適な使用に耐えられるかという費用の見積もりが短期間でできるということが多いものです。

いわゆるサラリーマン大家のようなかたちで、個人で投資物件として購入する場合には、いくら価格的に安いからといっても、後々の修理、リフォーム、その他のメンテナンスの必要性や費用負担なども考慮に入れた上で、現物をよく確認しながら、慎重に判断したいものといえます。