任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

信頼できる不動産業者に任意売却を依頼する

前のページへ戻る

任意売却をする家イメージ

住宅ローンの返済が滞ると競売にかけられてしまう

念願のマイホームを購入するために住宅ローンを組むことがあります。これから頑張って働いて住宅ローンを返済していこうと考えていても、様々な事情によって住宅ローンの支払いが困難になることがあります。

住宅ローンが滞ってしまうと、住宅ローンを提供している金融会社から督促状が送られ、さらに支払いができない場合は競売にかけられることになります。

競売にかけられてしまうと、一般の不動産取引よりも安い値段で売却されることが多くなります。そうなると売却した金額が少ないので、住宅ローンの残額を支払おうとしても一部しか支払えず、住宅を所有していないだけでなくローンだけが残ってしまう状況になってしまいます。

任意売却は競売よりも高い値段で売却できる事が多い

そうなると残ったローンを返済しながら住むところも探さなければならなくなってしまい大変です。そんな状況を改善するための方策の1つが、任意売却です。

任意売却は専門知識を持つ不動産業者に依頼して、住宅ローンを提供している金融会社などの債権者との間に仲介に入ってもらう方法です。

債権者が任意売却に同意をすることによって、住宅ローンがとど凝っている不動産を一般的な不動産売買の物件として取り扱うことができます。その際、不動産の売却価格が、残っているローンより下回った場合でも売却することが認められています。

一般的な不動産売買として売却したほうが、競売で売却するよりも高い値段で売却できることが多いので、その分を住宅ローンの返済にあてることができます。

そのため債務者は家を売却することで住宅ローンの返済額を減らすことができますし、住宅ローンを組んだときに置いた連帯保証人にも迷惑をかけなくてすみます。

任意売却を行う際は信頼できる業者を探そう

ただ不動産業者に依頼するときは、信頼できる業者を自分で探す必要があります。不動産コンサルタントなど専門的な知識がなければ、債権者と交渉をしたり必要な書類作成をすることが難しいからです。

また、中には任意売却を簡単にできるといって詐欺行為を行う事件も発生していますから、信頼できる不動産業者を探す必要があります。複数の不動産業者やコンサルタントに相談したり、今まで扱ってきた任意売却の内容などを尋ねてみるのも良いでしょう。

不動産業者に依頼をするときは、売却した金額の一部を報酬として渡さなければなりません。報酬分を差し引いた金額が住宅ローンの残額にあてられることになります。

また一般の不動産取引で売却するとしても、希望していた金額で売却できない場合もあるので、万が一のことを考えておくことも必要です。