任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却と競売との違いについて

前のページへ戻る

話し合いによって進められる任意売却

競売と任意売却ではかなりの違いが生じる

住宅ローンを用いてマイホームを購入した場合、完成した住宅には銀行による抵当権が設定されているものです。

そのため、もしも返済期間の途中で住宅ローンの返済を滞納してしまうようなことがあれば、銀行としてはこの抵当権にもとづき住宅を競売にかけるというケースがあるのです。

競売というのは、市場のせり売りと同様に、期間を限って購入したい希望者を募り、そのなかでもっとも高い金額を提示した人が落札し、所有権を取得するというものです。

こうして得られた落札代金により、銀行は住宅ローンの残り分を回収することになります。

いっぽう、住宅ローンの滞納という事態が生じた場合に、このような裁判所を通じた強制的な手法ではなく、任意売却という話し合いにもとづく穏便な手法での問題解決が図られることがあります。

これはあくまでも任意であり、銀行が応じればの話ではありますが、実際に競売になってしまうか、任意売却にとどまるかによって、かなりの違いが生じるものです。

競売はデメリットが多い

競売の場合、市場価格がすなおに反映されない叩き売りに近い形態ですので、著しく安い価格で落札されてしまう可能性が高いといえます。

その結果として、住宅ローンの残債はほとんど減らないまま、マイホームだけ奪われてしまうといった結果になりかねないのです。

また、情報は裁判所から随時公開されますので、インターネットその他の方法でまたたく間に広まってしまいます。

当然ながら、近所の人にも知れ渡ってしまい、肩身の狭い思いをしながら生活しなければならないということになります。

さらに、競売は裁判所を通じた法律的な方法ですので、もしも落札者が決まった後も引き続きそこに住んでいた場合には、いわゆる不法占拠として、強制的に立ち退きを迫られてしまう可能性さえあるのです。

メリットの大きい任意売却

これに対して任意売却の場合は、一般的な不動産の売却と手続き的にはそれほど変わりませんので、適正な市場価格にもとづいた取引が行われ、かなり有利な金額で売却が進むことが多いといえます。

また、近隣にも事情を知られずに売却をすることは可能であり、精神的な面を考えてもメリットは大きいといえます。

さらに、任意売却の場合には、法律上の制度とは異なりますので、売却代金を差し引いた住宅ローンの残債の返済条件を緩和してもらったり、住宅からの立ち退きの期限を長くしてもらったりといった、ある程度の融通がきく部分が大きいということも挙げられるでしょう。