任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却と法律や裁判について

前のページへ戻る

競売にかけられる家

住宅ローンの返済額設定は余裕を持とう

住宅を購入するときに住宅ローンを組んで購入したけども、住宅ローンの返済ができなくなる場合があります。

基本的に月の返済額が大きい場合には、返済できなくなる可能性が高いです。これは、一昔前の景気の良い頃であれば、給料が上がる一方でしたので借り入れ時期は返済が大変でも、徐々に返済が楽になっていくと言う流れになっていました。

ところが、昭和の末期から平成に入ってからは、不景気になってしまったため、会社員であってもその給料が減少してしまう可能性が高くなってしまいました。

もし1年や2年の期間だけ借り入れをする場合であればそれほど問題はありませんが、20年先から30年先位まで借り入れをしていますので、状況がさらに悪化し、給料が減るだけでなく、会社をリストラされる可能性もあるということです。

少し無理をして買ってしまった人が、途中で返済をすることができなくなるのは、そういった先を読む甘さもあるのです。少なくとも、今の時代であれば、かなり余裕を持って住宅ローンの毎月の返済額を設定しなければならないでしょう。

ローンが返済できなくなると競売にかけられる

ですが、すでに返済できない段階にまで達してしまった場合には、もはや過去のことを悔やんでも仕方ないでしょう。これからどのように立て直すかを考えなければなりません。

もしこのまま返済をしなければ、やがて住宅のみならず自動車なども差し押さえられてしまいます。住宅に関しては、競売されてしまいますので、もはや競り落とされた段階で自分の家ではなくなってしまうことを知っておきましょう。

競売は法律の手続きに基づいて裁判所が行っていきます。裁判所が主体となって行う点が特徴になります。

競売開始前に任意売却をしてしまおう

ただ競売まで行ってしまうと、債権者にとっても不利になってしまうでしょう。なぜなら、競売の場合適正価格の半分ぐらいでしか競り落とされないからです。

つまり、普通に売却するよりも何割か安い値段でしか現金を回収することができないのです。この場合には。債権者はとても不利になります。なぜなら十分なお金が返ってこないからです。

そこで、競売開始前に任意売却をしてしまったほうがよいです。任意売却をすることでより高い金額で売却することが可能だからです。これによって、債権者に十分なお金を返済することができるだけでなく、債務者自身もうまくいけば借金がゼロになる可能性もあります。

この任意売却は、法律に定めてありますが、基本的に裁判所の許可を得なくてもすることができる点で、当事者主体ということができます。