任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却の相談窓口はどこにあるの?

前のページへ戻る

家を任意売却する

任意売却は競売開始決定になる前に進めよう

任意売却とは銀行ローンなどの支払いが延滞している場合に、通常の売買手続きで代金を残債の支払いに充当する売買方法を言います。

仮に銀行の住宅ローンを延滞すると以後、どのように手続きが進むのでしょうか。

まず銀行は督促状を借主である債務者に督促状を送付し支払いの再開を待ちます。それでもなお返済しない場合、保証会社が借主に変わって銀行にローンを弁済し、保証会社が債権者に代わります。

ここまでくると裁判所から競売意思決定が出されて差し押さえ登記も実行され、競売手続きに入ることになります。

これ以降も放置すると最終的には最高価格で入札した競落人に所有権が移転し、家主は家を退去しなければなりません。競売開始決定が出る前後で任意売却を進める必要があります。

任意売却の相談はどこにすれば良いか

それではどこに相談窓口を求めれば良いのでしょうか。

実態は通常の不動産売買なので、不動産会社に仲介を依頼するのは共通しています。

しかし、この売買では売買代金を債権者への返済原資に充当するので、債権者との間で返済条件を巡って交渉が前提になり、金融機関との交渉に経験のある特化した不動産会社に依頼することが必要になります。

例えば売買代金で残債全てが返済できるとは限らず、残債務の返済方法の交渉が必要です。

任意売却の最終目標は、裁判所の競売手続き完了を阻止することにあります。強制競売では相場よりもかなり安い値段で落札されることが多く、残債が多くなる傾向がある上に、裁判所の主催の元で手続きが進むので債権者との間で残債の返済方法も進めることが出来ません。

強制競売と比べるとメリットの多い任意売却

どちらの方法にせよ立ち退かなくてはなりませんが、強制競売では買受人の都合で明け渡しを迫られる上に立ち退き料が支払われることもありません。また、早い段階で競売物件情報は広く公開されるので、経済力が悪化した事情が公衆の目に曝されることになります。

これに対して任意売却では、相場水準の売買代金のほかに、債権者との間で柔軟な返済方法で合意することも可能で、交渉しだいで引越し代相当額程度の立ち退き料を手にすることも出来ます。

取引は通常の売買と同じなので第三者にプライバシーが漏れることなく隠密裏に手続きを進めることが出来ます。

債務者の早期の経済的再生を図る上でも、強制競売に比べて優れているのが分かります。

ローンを延滞し続けて保証会社から代位弁済の通知でも送られてきたら、早期の段階で任意売却を専門にしている不動産会社の窓口で相談を持ちかけてみて下さい。