任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却で失敗しないようにするために

前のページへ戻る

不動産会社イメージ

住宅ローンの返済を滞納するとどうなるか

住宅ローン等でお金を借りたけども、返済できない場合があります。

例えば、お金を借りた時にはわりと収入があったのに、徐々に収入がなくなっていき、しまいには会社をリストラされたということもあります。また、そもそものお金の感覚が麻痺しており、返済できないぐらい借りてしまった場合も考えられます。

このような場合とりうる手段は、できるだけ滞納しないように毎月無理のない範囲で生活をしていくことです。ですが、すでに支払うことができず滞納してしまう場合には、また別の方法を考えなければなりません。

もし滞納した状態で督促状が届き、それでも支払うことができなければ、やがて一括請求されるでしょう。一括請求で支払うことができなければ、住宅は差し押さえられてしまいます。

競売は債務者にも債権者にもメリットが少ない

住宅が差し押さえられてから4カ月ほどで競売が開始されます。入札が始まってしまうと、もはやその住宅を売却したりすることはできません。

落札されると、決まった日時に自宅を出て行かなければならなくなります。居座ったとしても強制的に退去させられるだけになります。

競売が不利なのは、落札価格があまり高くないことです。通常の売買に比べると何割か安い金額で落札されているため、債権者にとってはあまりメリットがありません。

しかも、債務者にとってもメリットは少ないのです。なぜなら、落札価格が安いと債務をなくすことができなくなるからです。

そこで、開札される前に任意売却をする方法があります。いくら差し押さえを受けたとしても、任意売却をしていことは法律で定められていますので問題ありません。

任意売却をする際は不動産会社選びを慎重に

通常、任意売却をする場合は不動産会社を選ぶことになります。ですが、焦って不動産会社を選んでしまい、失敗することもありますので注意をしましょう。

失敗の具体的な事例は、任意売却についての話を聞こうとしたのに、どのくらいで売却することができるかという価格の話しかしない不動産会社や、上から目線で話しをしてくる不動産会社などがこれにあたります。

また、あまり売る気がない不動産会社も中にありますので、不動産会社選びは非常に大事になるのです。

では、売却に失敗しないためにはどうしたらいいでしょうか。これは、もし自分の友人や知っている人の中で実際に売却したことがある人がいれば、その人に口コミで評判を聞いてみるといでしょう。

同じ立場を体験した人であれば親身に話しをしてくれるはずです。また、ネット上の情報を確認するのもよいでしょう。