任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

任意売却の方法と手順について

前のページへ戻る

任意売却で売買が成立した家

任意売却はまず信頼できる業者を選ぼう

住宅ローン組んで住宅を購入したけれど、ローンの支払いが苦しくなり、返済が難しいと思うようになったときは、自らの意思で住宅を売却することができます。これが任意売却です。

任意売却は、どのような方法で行えなばよいのか分らないという方にために手順を紹介します。

まず最初にしなければいけないことは、任意売却を専門に行っている業者に依頼をすることです。業者選びは重要なので、時間をかけて信頼できる業者を選ばなければいけません。

気にある会社が数社あるときは、依頼する業者を決める前に、売却価格や条件などについて相談をして、業者を決めましょう。

売却価格を高く見積もってくれる業者が良いと思う方もいるようですが、売却価格は最終的に債権者や抵当権者に委ねられるので、業者が提示する価格は参考程度にしておかなければいけません。

任意売却の業者が決定してからの流れ

業者を選び、契約を行うと業者が代理人となり手続きを行ってくれます。

契約を交わすと、業者はまず、債権者に任意売却の依頼を受けた旨を伝え、自身でも売却を行いたいという意思を債権者に伝えます。

債権者に意思を伝えると、それ以降は業者が代理で行ってくれるので、直接債権者と交渉することはありません。

債権者が売却に合意し、売却の許可が出ると業者はすぐに物件の販売を開始します。

物件の販売は、通常の不動産の売却と同じで、不動産会社や不動産のサイトなどに物件の情報を提示します。物件を見学したいと申し出があったときは、応じるようにしましょう。

そして、物件の買付の申し出があると、業者は、物件の売却代金をどのように配分するのか配分案を作成し、債権者と交渉を行います。

債権者が1人や1社ではない場合は、抵当権順位で配当しなければいけないので、返済配当計画書を作成し、交渉を行います。

物件を売却しても、まだ債務が残る場合は、残った債務の返済条件交渉も同時に行います。

売買契約が成立したら決済を行う

債権者から任意売却の了承が出たら売買契約が成立します。通常は、約1ヶ月程度の猶予期間を経て決済されますが、契約成立と同時に決済が完了することが稀にあります。

決済を行うときは、債権者と連帯保証人がいるときは連帯保証人、税金の滞納があるときは、関係している役所からも出席者があり、全員が揃ったところ決済を行います。

通常は2ヶ月から半年ほどで完了すると言われていますが、債権者との交渉が上手くいかず長引くこともあります。その間は売却予定の物件に住み続けることができます。