任売インフォは、任意売却についての正しく知るための任意売却をサポートする情報サイトです。

ローンの返済ができなくなって任意売却する場合

前のページへ戻る

住宅ローンの支払いが困難になり任意売却

住宅ローンの支払いが困難になったらどうすればよいか

住宅ローンの支払いは、自分が払える範囲で組んでいくようになりますが、必ずしも終了まで払い続けられるかどうかはわからないものです。

何らかの事情で収入が絶たれてしまったり、今までよりも収入が激減した場合には、この先何十年もある支払いをし続けていく事が困難になるでしょう。

一時的な収入源であれば、何とか返済をしていくことが出来たとしても、そうではないのであれば、返済は不可能になる場合もあります。

返済ができなくなった場合には、住宅を売却していく方向で考えたほうがいいでしょう。

住宅を売却する際の問題点とは

問題になるのは、住宅に抵当権が設定されてい場合に、支払い残高よりも高い金額で売却をしなくてはならないという点です。

十分価値のある住宅であれば高値で売れると期待できますが、そうではない場合には、高値で売却をすることはできないでしょう。

返済残高よりも高く売れない場合には、その差額分の残りはどうなるのでしょうか。これは基本的には差額分を一括で返さなくてはならなくなっています。

支払いに困った場合には、任意売却という方法を使うことで、メリットのある売却をすることが出来るようになるので、利用したいものです。

任意売却とは何か

任意売却というのは、債権者の了承を得ることが出来れば、抵当権の解除が可能になるので、メリットが出てきます。

そして任意売却のメリットは、債権者との話し合うことによって、引越し時期の要望に相談にのってもらうことが出来るようになっています。

引っ越し時期を早急に求められてしまうと、どうにもできなくなる場合もありますが、任意売却の場合は相談にのってもらうことが出来るので、追い出されるようなことはないでしょう。

任意売却のデメリットとは

たくさんのメリットがある任意売却ですが、すべてに対してメリットがあるわけではありません。

デメリットとしてあるのは、返済を一定期間以上滞納したことによって、信用が失われることになります。

信用情報機関に登録されることによって、その後に新たにローンなどを組もうと思っても、数年程度は新しくローンが組めなくなってしまいます。

それでは何か高い買い物をしようと思ったときにもローンを組めないことになりますので、購入が難しくなってくるでしょう。

それでもこの先お金を返していくことが出来ないのであれば、デメリットはあったとしてもメリットを考えた方法を取るようにしたほうがいいですので、自分にとって一番いい解決方法を選ぶようにしなくてはなりません。